売りたい

 

不動産売却の流れ

売却相談

 

物件調査・査定

 

売買価格の決定

売却を依頼する際に、不動産業者に自分の希望する売却条件(価格、引渡し時期など)や疑問に思うことを相談してみましょう。

また売却方法については、売買の仲介だけでなく、買い取りという方法もありますので、自分にとって最適な方法は何か不動産のプロからアドバイスを受けてみましょう。

不動産業者が土地建物の場所、建物の状態、隣地境界等の現地確認を行い、権利関係等の各種法規や類似物件の売買事例等を調査し、価格の査定を行います。

 

査定依頼はこちらから

ご自分の希望条件や不動産業者の査定内容やアドバイス、近隣の売買事例等を確認の上、売出し価格を決定します。

 

⇒買い取りのお客様はSTEP07へお進みください。

     

売却の依頼(媒介契約)

販売活動

購入者決定

不動産会社へ売買の仲介を正式に依頼する場合は、媒介契約を締結します。

査定内容や売買価格、不動産業者の業務内容と報酬額等を確認の上、媒介(仲介)契約を締結します。

媒介契約の種類は(専属専任、専任、一般)3種類あります。

現地看板、新聞広告、折込みチラシ、インターネットの情報掲載等での告知、弊社の購入希望者へ情報提供、条件調整、物件の紹介、案内をさせていただきます。 購入希望者から条件面の提示を受け、不動産業者と相談を行い、売却可能な条件であれば、売買契約へ進んでいきます。
     

売買契約

引き渡し準備

決済

不動産業者より重要事項説明書の説明を受け、物件概要をご確認の上、売買契約の締結を行います。 買主様へ引き渡しをする前に、居住中の場合は引っ越しを済ませて、引き渡しの準備をしましょう。
また、抵当権等の担保設定がある場合は、抹消手続きの準備が必要となります。
代金の受領と同時に物件の引き渡しを行い、鍵及び代金等の受取書の発行を行います。
これで売買の手続きは完了となります。

 

 

 

上記は、一般的な不動産売却の流れを掲載しています。

個別に不動産売却の目的や動機によって様々なパターンがございます。
ご売却を決定・検討されている方はもちろん、「将来に備えてどれくらいの値段で売れるのかを知りたい」などのご相談も承っております。
また、一般的な売却だけでなく買い取りや任意売却(裁判所及び弁護士管理等)など、あらゆる形態の売却に対応出来るスタッフが常駐しています。
詳しくは担当までお気軽にご相談下さい。

査定価格は不動産鑑定評価に基づく価格ではありません。
物件の所在によってはお取り扱いができない場合もございますのであらかじご了承ください。